2023年12月12日、ミュージカルの名匠リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタインの提携80周年を記念して、米英トップのミュージカルスター10人が集うコンサートがロンドンのロイヤル・ドルリー・レーン劇場で開催されました。当初は一夜限りのコンサートでしたが、好評のため同日のマチネを追加。2.30pm と 7.30pm の2回公演でした。

このコンサートは撮影されて153分の映画になり、イギリスとアイルランドの映画館で2024年2月14日と18日に上映、北米地域には3月24日〜3月31日にストリーミングされましたが、地域制限が厳しく日本からは見ることができませんでした😢。5月31日にはCD発売と音楽配信、同じ日に米PBSで短縮版が放送予定です。

https://youtu.be/QLdhLLr1QLA

出演者

JOANNA AMPIL

MICHAEL BALL

MARIA FRIEDMAN
DANIEL DAE KIM
AUDRA MCDONALD
JULIAN OVENDEN
LUCY ST. LOUIS
AARON TVEIT
MARISHA WALLACE
PATRICK WILSON

スペシャルゲスト

RITA MORENO
ANDREW LLOYD WEBBER

セットリスト

宣伝などで使われた映像を集めて、アーロンのパートを再現してみましたよ。

from All That Dazzles Daz Gale Dec 15, 2023

  1. Orchestra – Oklahoma Overture
  2. Patrick Wilson – Oh What A Beautiful Morning (from Oklahoma)
  3. Audra McDonald – My Favorite Things (from The Sound Of Music)
  4. Patrick Wilson – The Surrey With The Fringe On Top (from Oklahoma)
  5. Marisha Wallace – I Cain’t Say No (from Oklahoma)
  6. Lily Kerhoas – Out Of My Dreams (from Oklahoma)
  7. Audra McDonald – Mister Snow (from Carousel)
  8. Anna-Jane Casey – June Is Bustin’ Out All Over (from Carousel)
  9. Lily Kerhoas – What’s The Use Of Wonrin’? (from Carousel)
  10. Aaron Tveit – Soliloquy (from Carousel)

アーロンの最初の歌は、ミュージカル『回転木馬』のSoliloquy(独白)のラストの1節。

歌詞を調べたら、これは、妻のジュリーから妊娠を打ち明けられたビリーが「息子が生まれたら俺が仕込んでやろう、でも娘が生まれたら…何不自由なく育ててやらねば!それには金が要る!奪ってでも手に入れてやる!」と、どんどん突っ走っていく歌のラストの部分でした。こんなにかっこいいのに残念すぎる🤣!いや、本人は本気で心から妻と生まれてくる子を愛しているのですよね。
とてもこなれた和訳を見つけたので、ぜひこちらで全文をご覧ください→*Soliloquy(独白)*回転木馬より(ミスター・ビーンのお気楽ブログ)

I got to get ready before she comes!
I got to make certain that she
Won’t be dragged up in slums
With a lot o’ bums like me
She’s got to be sheltered
In a fair hand dressed
In the best that money can buy!
I never knew how to get money,
But, I’ll try, I’ll try! I’ll try!
I’ll go out and make it or steal it
Or take it or die!

娘が生まれる前に準備をしておかねば!
おれみたいなろくでなしがうろつく
スラム街で娘を育てちゃいけねえ
家も 食べ物も 着る物も
不足があっちゃならねえ
金で買えるならなんでも買ってやる
おれは金儲けのやり方なんて知らなかった
だが やってみせるぜ やってみせるとも やってやろうじゃないか!
外に出て 金を稼ぐんだ さもなきゃ盗む
奪ったっていい 死ぬ気でやるぜ!

Soliloquy [From Carousel] Rodgers & Hammerstein, ミスター・ビーン訳 (*Soliloquy(独白)*回転木馬より

つまりShomigadoon! S1の”You Done Tamed Me”の元歌ですね。

https://youtu.be/sOO_soF8aVc?si=SRuD_mfQQpD7MwKH
  1. Lucy St. Louis – It Might As Well Be Spring (from State Fair)
  2. Joanna Ampil – Love, Look Away (from Flower Drum Song)
  3. Marisha Wallace – The Gentleman Is A Dope (from Allegro)
  4. Jordan Shaw – No Other Love (from Me and Juliet)
  5. Joanna Ampil – Something Wonderful (from The King and I)
  6. Aaron Tveit – You’ve Got To Be Carefully Taught (from South Pacific)

ミュージカル『南太平洋』からYou’ve Got To Be Carefully Taught。なぜ楽しげな美しいメロディの曲をこんなに厳しい表情で歌っているのかと思って調べてみました。

彼は特別な任務を帯びて南の島にやってきたジョセフ(ジョー)・ケーブル中尉。島の娘リアットと恋に落ちるけれど、自らの人種偏見のため結婚には躊躇してしまう。もう1組のカップルは女性が偏見を捨てられず、男性の元を去ろうとしている。それを見て、偏見は人間が生まれつき持っているわけではない、幼い頃から周到に吹き込まれたものなんだ、と苦悩する歌のようです。物語では彼自身は偏見を克服できないまま旅立ってしまいます。歌い終わった後のアーロンの陰のある風情がそれを暗示させていていいですね。

このミュージカルが作られた1940年代はまだ人種差別が合法だった時代で、この歌は相当な物議をかもしたそうです。しかしこの歌を入れなければ上演はしないとロジャースとハマースタインは断固として譲らなかったのだとか。

こちらも良い訳を見つけました。背景も含めて書かれていますのでぜひ訪問してください→「南太平洋」とYou’ve got to be carefully taught (1984 blog)

You’ve got to be taught to hate and fear
You’ve got to be taught from year to year
It’s got to be drummed in your dear little ear
You’ve got to be carefully taught

You’ve got to be taught to be afraid
Of people whose eyes are oddly made
And people whose skin is a different shade
You’ve got to be carefully taught

You’ve got to be taught before it’s too late
Before you are six, or seven, or eight
To hate all the people your relatives hate
You’ve got to be carefully taught!
You’ve got to be carefully taught!

憎しみと恐れは吹き込まれたものですよ
繰り返し吹き込まれたんですよ
小さな耳に焼き付くまで叩き込まれたんです
念入りに吹き込まれたんです!

恐れるように吹き込まれたものですよ
目の形が違う連中を
肌の色が違う連中を
念入りに吹き込まれたんです!

手遅れにならないうちに吹き込まれたものですよ
物心がつくやいなや
身内が憎む連中は皆憎むように
念入りに吹き込まれたんです!
念入りに吹き込まれたんです!

You’ve Got To Be Carefully Taught (from South Pacific), kohara氏 訳 (「南太平洋」とYou’ve got to be carefully taught (1984 blog))
  1. Aaron Tveit – Younger Than Springtime (from South Pacific)

これも『南太平洋』から。リアットに出会って恋に落ちたケーブル中尉の歌。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=967240178393614&set=pb.100053229226317.-2207520000&type=3

And when your youth
And joy invade my arms,
And fill my heart as now they do,
Then younger than springtime, am I,
Gayer than laughter, am I,
Angel and lover, heaven and earth,
Am I with you!

君の若さと喜びが
抱いてる腕を伝わって
ぼくの心を満たすとき
ぼくも春より若くなる
笑い声より陽気になる
ぼくたち2人は
天使と恋人、空と大地

Younger Than Springtime (from South Pacific), ミスター・ビーン訳 *Younger Than Springtime(春よりも若く)*南太平洋より

  1. Marisha Wallace – I’m Gonna Wash That Man Right Outa My Hair (from South Pacific)
  2. Lucy St. Louis – I’m In Love With A Wonderful Guy (from South Pacific)
  3. Julian Ovenden – This Nearly Was Mine (from South Pacific)
  4. Michael Ball – You’ll Never Walk Alone (from Carousel)

  1. Orchestra – South Pacific Ent’racte
  2. Jordan Shaw and ensemble – There Is Nothing Like A Dame (from South Pacific)
  3. Joanna Ampil – I Have Dreamed/We Kiss In A Shadow (from The King and I)
  4. Daniel Dae Kim – A Puzzlement (from The King and I)
  5. Maria Friedman – Hello Young Lovers (from The King and I)
  6. Maria Friedman and Daniel Dae Kim – Shall We Dance (from The King and I)
  7. Lily Kerhoas and Patrick Wilson – If I Loved You (from Carousel)
  8. Joanna Ampil – In My Own Little Corner (from Cinderella)
  9. Aaron Tveit – Ten Minutes Ago (from Cinderella)

こちらはシンデレラに出会って恋に落ちた王子様。とてもロマンチックに歌っています。

https://www.instagram.com/reel/C3VTs8Mst7F/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==

Ten minutes ago I met you
And we murmured our ‘how-do-you-dos’
I wanted to ring out the bells
And fling out my arms
And sing out the news

I have found her,
She’s an angel
With the dust of the stars in her eyes
We are dancing, we are flying
And she’s taking me back to the skies!

10分前、あなたに出会った
互いに「はじめまして」とつぶやいた
私は鐘を鳴らし
腕を広げて
高らかにニュースを歌いたくなった

私は彼女を見つけた
彼女は天使だ
瞳に星屑を宿している
私たちは踊り 舞い上がる
彼女は私を空に連れ戻してくれる!

Ten Minutes Ago (from Cinderella) 拙訳

この歌詞をもじって、”WE HAVE FOUND HIM! HE’S AN ANGEL!”と書くPLAYBILL。よくわかっていらっしゃいます🤣。

  1. Marisha Wallace and Anna-Jane Casey – Impossible; It’s Possible (from Cinderella)
  2. Julian Ovenden – All At Once You Love Her (from Pipe Dream)
  3. Jonny Labey and ensemble – Kansas City (from Oklahoma)
  4. Michael Ball – Some Enchanted Evening (from South Pacific)
  5. Lucy St. Louis – The Sound Of Music (from The Sound Of Music)
  6. Group performance – Do-Re-Mi (from The Sound Of Music)
  7. Anna-Jane Casey – The Lonely Goatherd (from The Sound Of Music)
  8. Maria Friedman – Something Good (from The Sound Of Music)
  9. Group performance – Edelweiss (from The Sound Of Music)
  1. Audra McDonald – Climb Ev’ry Mountain (from The Sound Of Music)
  2. Orchestra – Carousel Waltz

「映画館で会いましょう」メッセージ

バックステージ

リハーサル

公演概要

日時 2023年12月12日
会場 ロイヤル ドルリー レーン劇場{イギリス ウエストエンド)Theatre Royal Drury LaneWest End